まずはバーチャルオフィスとは何か簡単に説明します

まずはバーチャルオフィスとは何か簡単に説明します バーチャルオフィスとは簡単に説明しますと会社を設立した時に登記をしますが、自宅や本当のオフィスを登録するのではなく都内の一等地等の別の場所に名前だけのオフィスを登記する事です。
レンタルオフィスは本当にオフィスを借りてそこで業務を行ないますが、バーチャルオフィスは登記だけになりますので場所ではなく住所や電話番号を借りるようなものになります。
名刺を作成する時や登記をする時に本来の業務場所ではない場所で提出や公表をする事ができ、会社に箔をつけたり、信用度を上げたりできます。
また自宅を業務場所にしている場合に自宅を非公開にしたい場合にも用いられまして、わざわざレンタルオフィスを借りて登記する必要もないのでコスト面でも大幅なカットができます。
バーチャルオフィスは簡単に言えば名前だけの架空のオフィスという意味になりますが、専門の業者を通じて利用する事になります。
本当に場所を借りて業務を行なう訳ではありませんので敷金や保証金というものがなく月々の利用料だけで利用できます。

バーチャルオフィスでネットビジネスを始める

バーチャルオフィスでネットビジネスを始める バーチャルオフィスでネットビジネスを始めるにあたって注意しなければいけないことがあります。
バーチャルオフィスは住所、電話番号、FAX番号などビジネスを始めるにあたって必要最低限とされるものもみをレンタルし初期費用を安く抑えながら企業ができるのが特徴です。
レンタルオフィスのように一般的なオフィスはないので業務を行うスペースもないので、郵便物や電話がバーチャルオフィスに届くと自動で設定した住所や電話番号に転送されるというシステムになります。
その為、都心の一等地に通常のオフィスに比べて遥かに安い価格で会社住所を置く事ができるメリットがあります。
しかし、一般的なオフィスを持たない為、法人銀行口座の開設や創業融資が困難な場合があり、取引に使用が出る事もあります。
社会保険や雇用保険の申請が困難であったり派遣業や古物商などの許認可を取得できないという事もあり、また他社と住所が重複するなどの可能性がある為、デメリットな部分も多いので安易に決めず良く検討しる必要があります。